特別企画フェア

関係団体にご協力をいただき、各種専門フェアを併催。
関連業界や異業種分野とのビジネスマッチングを促進します。
フェアへのご参加を希望の際は、出展お申込の際に該当フェアをご選択ください。

次世代プラスチック加工フェア

金型業界においても、主要原料かつ主な加工製品の1つであるプラスチック。環境負荷が小さい素材への変更や加工技術の対応など、様々な課題を抱えています。生分解性プラスチックやバイオプラスチックなど、次世代素材やその加工技術、各企業・団体の取り組みなどを紹介し、最先端情報を広く発信します。

出展対象

  • ■バイオマス・生分解性プラスチック
  • ■生分解性プラスチック加工
  • ■再生プラスチック加工
  • ■各種成形機
  • ■省エネ
  • ■再利用
  • ■リサイクル など

フェア協力団体 : 小松技術士事務所

日本は環境問題に対し、2050年までにカーボンニュートラル(脱炭素)社会を実現し、G20大阪サミットで採択された2050年までに新たな海洋プラスチックごみゼロを目指す大阪ブルー・オーシャン・ビジョンを目標に掲げています。実現にはバイオマスを原料として化学合成されたバイオプラスチックや生分解性プラスチックの活用が求められます。一方、世界各国は、日本の優れた機械技術や金型技術、省エネルギー技術に期待を寄せています。次世代プラスチック製品のイノベーションには冴えた感覚のものづくりが求められています。

3Dプリンティング&AM技術フェア

航空機部品、医療部品、自動車部品製造の世界では、軽量・多品種小ロット・複雑造形など、部品や製品に対する要求は複雑化しています。積層技術(アディティブマニュファクチャリング)は、これらの要求に応えうる次世代加工技術として注目され、特に世界市場はかなりのスピードで拡大しています。造形材料の進化、デザインの具現化により設計・試作段階での解析・検証が可能となり、部品製造・量産への工程短縮が見込まれます。今までの技術と組み合わせたAM技術の活用により、付加価値の高い部品製造が可能となる、金属・樹脂3DプリンティングやAM技術に取り込む企業と同技術の進化について発信します。

出展対象

  • ■積層造形技術全般
  • ■造形機器
  • ■装置
  • ■技術(3Dプリンタ、3Dスキャナー、ラピッドプロトタイピング機器、ラピッドマニュファクチャリング機器)
  • ■3Dデータソリューション
  • ■3Dプリント受託サービス
  • ■樹脂材料
  • ■セラミック材料
  • ■金属材料
  • ■複合・機能性材料
  • ■部品メーカー
  • ■受託加工メーカー

フェア協力団体 : 一般社団法人 日本AM協会

AMの実製品活用が海外と比較して大きく遅れている国内で、AM活用を拡大するために日本AM協会は活動をしています。実製品でのAM活用には、デザイン設計から、材料・製造・品質保証と製造にかかわる全ての技術が変わり、投資や時間を多く必要とします。それらの負担や不安を軽減するために、各方面に関係する企業や研究機関そして官庁の協力を得て、AM活用促進する活動内容をご紹介致します。

製造業DXフェア

製造業の現場は、営業と技術の情報共有、あらゆる生産過程の効率化、スマートファクトリー化、省力・省人化、付加価値向上など多くの課題を抱えています。「製造業DXフェア」では、避けて通れないDX化への課題を抱える企業や団体に向けて、工場だけでなく事務所、オフィスなど「ヒト」がかかわる全ての生産現場の変革となるシステムやサービス、機械などの最新情報発信します。

出展対象

  • ■産業用ロボット
  • ■IoT ソリューション
  • ■AI自動化/省力化機械
  • ■送風機、冷風機
  • ■乾燥機、ヒーター
  • ■クリーンルーム恒温室
  • ■刻印機
  • ■セキュリティ関連
  • ■監視、防犯カメラ
  • ■作業者管理システム
  • ■PLM/PDM、MES(製造実行システム)
  • ■ERP(基幹資源計画)
  • ■MRP(資材所要量計画)
  • ■SCADA(監視制御システム)
  • ■WMS(倉庫管理システム)
  • ■生産管理システム
  • ■機械稼働管理システム

鍛造加工技術フェア

鍛造品は、機械工業のあらゆる重要保安部品として使用され、安定した生産力、高品質、技術力で生産されなければいけません。日本の伝統である「鍛冶屋魂」をもとにこれらの条件を満たした日本の鍛工品の信頼性は高く国内外からの需要に応えています。 しかし、高品質を保ちながらもさらなる低コスト化、高付加価値化、軽量化に向けた技術開発など日々進化を要求されています。本フェアでは鍛造加工業界のみならず業界をサポートする設備関連業界から最新の技術、機械等の製品情報を発信し、各社が抱える問題解決と提案を行いビジネス促進につなげます。

出展対象

  • ■鍛造加工機(ハンマ、冷間・温間・熱間鍛造プレス、ローリングミル、アプセッタなど)
  • ■周辺機器、装置(切断機、加熱装置、検査・測定機器など)
  • ■ロボット、自動化システム
  • ■金型、表面処理
  • ■CAD、CAM、CAE
  • ■潤滑剤
  • ■各種鍛造加工品
  • ■成形サンプル
  • ■鍛造加工事業者による技術PR

フェア協力団体 : 一般社団法人 日本鍛造協会

鍛造業界を取り巻く環境は、押し寄せる電動化の波、カーボンニュートラル、エネルギー問題、情勢不安、為替、労働力不足等、まさに混迷の時代の中、企業の存続をどのように考えるかが喫緊の課題となっています。このような状況下において、各社は、国内外での競争力を高めるべく、自社の保有技術とデジタル技術を融合し、軽量化をはじめ、省エネ、低コスト、高付加価値化、さらなる高品質化に向けた技術開発に取り組んでいます。

自動車部品製造技術フェア

世界の製造業をリードする日本の自動車部品製造技術を披露します。大変革を迎えている自動車業界。脱炭素社会がEV化を加速させ部品加工も統合や標準化、軽量化など、急速な技術革新が求められています。ますます激化する自動車業界の大手メーカーから1、2次サプライヤー、中小企業まで、最先端の自動車部品製造技術を紹介します。

出展対象

  • ■自動車部品メーカー
  • ■自動車部品サプライヤー
  • ■機能性部品製造技術
  • ■部品製造設備工作機械・工作機器・工具・治具・精密測定器・試験装置・検査装置
  • ■高機能素材・高機能部材
  • ■共同受注・開発グループ
  • ■企業連携・産学連携グループ

フェア協力団体 : 一般社団法人 日本自動車部品工業会

日本自動車部品工業会は国内約430社の自動車部品メーカーが加盟し、世界中で事業活動を展開している会員企業が抱える様々な課題に取組んでいます。現在、自動車産業は100年に一度の変革期を迎え、CASE・MaaSといった大きな構造変化やカーボンニュートラル化への対応に迫られる中、当会では「グリーン(CN)」「デジタル(DX)」「レジリエンス」を重点施策として、事業活動を進めております。

航空機部品加工技術フェア

新素材・新素材加工技術、宇宙産業・防衛産業・防衛装備品産業、エネルギー産業へ参入する中小企業が主役。競争力を持つ特殊な技術や高付加価値技術のある中小企業と、大手メーカーやサプライヤーとのビジネスマッチングを目指し、業界の最新技術や新素材に関する情報を発信します。

出展対象

  • ■航空機部品メーカー
  • ■高機能素材、特殊素材メーカー
  • ■装備品メーカー
  • ■内装品メーカー
  • ■共同受注・共同開発グループ
  • ■企業連携・産学連携グループ

フェア協力団体 : まんてんプロジェクト

航空・宇宙分野がかかえる課題や新たに参入するために必要な情報、技術、ノウハウなどを取り上げて、会員企業が求める多様なニーズに対応する取り組みを進めています。具体的には、会員企業の得意技術を活用した航空宇宙関連部品や民生品の受注業務や航空・宇宙関連分野の動向、技術情報の課題などを取り上げた講演会、会員企業の得意技術を紹介するための展示会への出展、研究機関や企業への見学会を実施しています。

新型コロナウイルス感染症に対する取り組みについて

本年は、新型コロナウイルス感染症に伴い、安全を確保するため事前来場登録制といたします(当日登録は受け付けません)。

「QRコード管理システム」を導入し、受付での密集・混雑の回避、名札の授受による接触の回避、来場者連絡先の把握、会場内の来場者人数の把握など入場制限を含めた感染予防対策にご協力・ご理解をお願いいたします。

会場にお越しの際には、マスクをご持参・ご着用の上、咳エチケットなどの感染拡大防止にご協力をお願い申し上げます。

新型コロナウィルス感染防止策を努め、皆様のご来場をお待ちしております。
ご来場の際もご協力をお願いいたします。