• INTERMOLD2019(第30回金型加工技術展)/金型展2019/金属プレス加工技術展2019
  • 海外産業視察団

海外展示会紹介

  • 出展者募集中

    Moulding Expo May 21-24, 2019

インターモールド振興会へのお問い合わせ

〒540-0008
大阪市中央区大手前1-2-15
株式会社テレビ大阪エクスプロ内
TEL 06-6944-9911
FAX 06-6944-9912

インターモールドテクニカルセミナー

セミナーは終了しました。

第50回 インターモールド・テクニカルセミナー
海外型技術情報と今注目の超微細・精密加工技術・最新動向

開催日時 2009年11月26日(木) 10:30~17:00
講演内容とプログラム

自動車、家電など量産品は、中国をはじめとした海外が重要な市場になっており、必然的に生産拠点のグローバル化は加速しております。
型生産も海外依存性が高まっており、既に、国内型産業は、海外生産移転を含め、新たな展開が求められております。
そこで今回、海外、とりわけ、近隣諸国の型技術事情を紹介し、かつ新たなテーマの1つである、超微細・精密分野における型技術に関して、最新切削技術動向を中心とした情報提供を行います。

10:00~10:30 受付
第1セッション
10:30~11:30
「型産業の海外事情」
11:30~12:30 昼食
第2セッション
12:30~14:00
「型用加工機械の最新動向・EMOミラノにおける最新生産技術(新たな型生産技術 その1)」
14:00~14:20 休憩
第3セッション
14:20~16:20
「超微細・精密切削技術の最新動向(新たな型生産技術・その2)」
16:20~17:00 「質疑応答および事前登録による個別相談あり」
講師 松岡 甫篁 氏 

(株式会社松岡技術研究所 代表者/博士(工学)・技術士(機械部門))

第1セッション

「型産業の海外事情」

1.タイにおける型産業
2.ベトナムにおける型産業
3.中国における型産業

第2セッション

「型用加工機械の最新動向・EMOミラノにおける最新生産技術(新たな型生産技術 その1)」

型生産の高効率化、高精度化は、国内型産業にとって不可避、急務な対応であり、そのための技術情報を提供します。5軸マシニングセンタ、CNC複合工作機械、新たな切削技術動向と切削工具、適用技術(エンドミルと加工形状、工具軌跡、切削条件など)などに関し、具体的な内容で解説します。

第3セッション

「超微細・精密切削技術の最新動向(新たな型生産技術・その2)」

新たな型生産としての、超微細・精密切削技術について、マシニングセンタの条件、エンドミルの条件、切削技術に関する説明など基本から具体的事例まで、説明と紹介を行います。さらに、最新切削加工事例の紹介など、超微細・精密切削技術のすべてについて解説します。

※都合によりプログラムを変更することがあります。

会場

東京駅八重洲ビジネスセンター(本館)カンファレンスルーム1802
〒104-0031 東京都中央区京橋2-9-2 第1ぬ利彦ビル
交通アクセス
JR東京駅八重洲南口より徒歩6分
東京メトロ銀座線京橋駅より徒歩2分
都営浅草線宝町駅より徒歩1分
http://www.tkptokyoeki-bc.net/access.shtml

主催 インターモールド振興会
受講対象 既に金型加工および関連業務に携わっている方で、更に技術や知識を身につけ、レベルアップを図りたいとお考えの方や開発のヒントを得たいとお考えの中級以上の方を主として対象とします。
受講料
インターモールド振興会ネット会員 38,850円 (税込)
一般 42,000円 (税込)

*いずれもテキスト・昼食付き
*ネット会員価格はインターモールド振興会ネット会員に適用されます。
*受講申込時に、同ネット会員登録をした場合は、ネット会員価格が適用されます。
ネット会員のご登録は こちらから(入会金・年会費とも無料)

最少催行人数 10
申込締切日 2009年11月20日(金)
セミナーは終了しました。
受講料のお支払い
  1. 事務局より請求書を送付致しますので、指定の口座へ受講料をお振込み下さい。
    ※現金書留によるお支払いはお受けできません。
  2. 振込手数料は、受講者でご負担願います。
  3. 受講料は、開催前日までにお支払い下さい。なお、海外からの受講者は、当日現金でお支払い下さい。
  4. 別途、受講票を送付致しますので当日会場にご持参下さい。
ご注意
  1. 1.申込締切日の翌日以降はキャンセルできません。【受講キャンセル規定】をご参照ください。
  2. 2.受講申込者が出席できなくなった場合は、代理の方が受講することも可能です。
    その際には、開催前日までに事務局へ宛てご一報頂くとともに代理の方の「部署・役職・お名前」をお知らせ下さい。
  3. 3.受講希望者が少数の場合、開催を延期または中止することがあります。
  4. 4.当日欠席された場合は後日テキストをご送付いたします。受講料の返金はできません。
  5. 5.受講対象】の項目にも記述の通り、申込後、受講可否の確認を行います。
    受講可となった方には受講証を発行いたします。
    受講可否については、事務局より後日ご連絡を申し上げます。

【受講キャンセル規定】

①受講申込後、やむを得ない事由により、受講者の都合が悪くなった場合には、代理の方のご参加をお願い申し上げます。ただし、受講制限のあるセミナーの場合は代理受講の可否を確認致します。

②セミナーの参加をキャンセルされる場合には、事務局までご連絡(電話、FAX、email)をお願いいたします。なお、キャンセルのご連絡日時により、原則として、次のキャンセル料をご負担いただきます。事務局が休業日の場合は、FAXまたはemailにてご連絡ください。

《受講キャンセル料について》

受講申込手続き完了後~受講申込締切日→→→受講料の25%

受講申込締切日の翌日~3日前のキャンセル→→→受講料の50%

セミナー開催日の2日前~前日のキャンセル→→→受講料の75%

当日キャンセルの場合→→→受講料の100%

お申込先・お問合せ先 インターモールド振興会
〒540-0008 大阪市中央区大手前1-2-15(株式会社テレビ大阪エクスプロ内)
TEL:06-6944-9911 FAX:06-6944-9912
E-mail:
講演プロフィール
松岡 甫篁(まつおか としたか)

博士(工学)・技術士(機械)
株式会社松岡技術研究所 代表取締役
独立行政法人理化学研究所 先端技術基盤部門 アドバンスト・エンジニアリングチーム 共同研究員

略歴
1985年 技術士(機械部門)
1987年 株式会社 松岡技術研究所 設立・代表取締役
(新技術・製品開発、生産技術などのコンサルタント)
1999年 博士(工学)(東京大学)
【専門分野】
高速ミーリング研究、CNC切削加工技術、切削工具開発指導、金型生産技術、新製品開発指導、異業種交流のコーデイネーターなど
【主な著書】
切削加工データブック、新しい穴加工技術、CNC切削加工のすすめ方、はじめての金型技術、はじめての切削加工(工業調査会)、金型のNC加工テクニック、型技術便覧(共著)、プラスチック金型ハンドブック(共著)、高速ミーリングの基礎と実践(共著)(日刊工業新聞社)など
【委員など】
理化学研究所:共同研究員(超高速切削に関する研究)
山梨県工業技術センター:外部評価委員・前客員研究員
型技術協会:前企画委員長、前高速ミーリング研究会委員長、前型技術者会議実行委員長、前理事など。
【受賞など】
技術賞、功績賞(型技術協会)など