日本金属プレス工業協会ブース

相栄産業株式会社

住所 〒955-0861
新潟県三条市北新保2-4-32
TEL 0256-33-0551 FAX 0256-34-7261
ホームページ http://www.aiei-sangyo.co.jp/
主な出展製品

オイルパン、厚板ブラケット、深絞り部品

一般社団法人愛知県金属プレス工業会

住所 〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須4-14-26 ジツダビル4F
TEL 052-263-0055 FAX 052-241-8616
ホームページ http://www.amsa.or.jp

アスカ株式会社

住所 〒448-0002
愛知県刈谷市一里山町東吹戸11番地
TEL 0566-36-7771 FAX 0566-36-8090
ホームページ http://www.aska.co.jp

飯田金属工業株式会社

住所 〒581-0061
大阪府八尾市春日町1丁目9番12号
TEL 072-991-0531 FAX 072-991-9514
ホームページ http://www.iida-kinzoku.com/

小川工業株式会社

住所 〒648-0011
和歌山県橋本市隅田町真土39
TEL 0736-32-2225 FAX 0736-32-7150
ホームページ http://www.ogawa-industry.co.jp/

株式会社カサタニ

住所 〒532-0036
大阪府大阪市淀川区三津屋中2丁目15番21号
TEL 06-6308-0034 FAX 06-6300-5672
ホームページ http://www.kasatani.co.jp/

カネエム工業株式会社

住所 〒581-0813
大阪府八尾市泉町一丁目九三
TEL 072-999-1231 FAX 072-998-7744
ホームページ http://www.kanem.com/

株式会社関西プレック

住所 〒581-0835
大阪府八尾市小畑町2-78-9
TEL 072-923-5015 FAX 072-923-2111
ホームページ http://www.purekku.com/

株式会社キョーワハーツ

住所 〒223-0066
神奈川県横浜市港北区高田西1-5-1
TEL 045-593-6116 FAX 045-593-6121
ホームページ http://www.kyowa-hearts.com/

久野金属工業株式会社

住所 〒479-0002
愛知県常滑市久米字池田174番地
TEL 0569-43-8801 FAX 0569-43-8008
ホームページ http://www.kunokin.com/

株式会社阪口製作所

住所 〒613-0905
京都府京都市伏見区淀下津町221番地
TEL 075-631-3201 FAX 075-631-3850
ホームページ http://www.sakaguchi-jp.com/

サトープレス工業株式会社

住所 〒473-0933
愛知県豊田市高岡町新宮38-39
TEL 0565-52-3721 FAX 0565-52-3732
ホームページ http://www.satopress.com/

株式会社シミズプレス

住所 〒370-1201
群馬県高崎市倉賀野町2987
TEL 027-320-2880 FAX 027-320-2881
ホームページ http://shimizupress.com/
主な出展製品

オリジナルデザインパイプのご紹介

シミズプレスのオリジナルデザインパイプ(パイプの絞り加工)のご紹介です。
シミズプレス独自のスウェージング加工の技術により強さと美しさをあわせ持ったすぐれた製品です。
国内で製造・販売を行っているのは、シミズプレスのみ。
他では決して入手することが出来ないオンリーワンの製品です。
手すりやマイクスタンド、机の脚やインテリア、エクステリアなどに多く使用されております。

対応可能スペック
厚寸法
SS(鉄)1.6t~2.3t
SUS304(ステンレス)1.0t~2.0t
AL(アルミニウム) 1.5t~3.0t
素管外径 最小19.1φ~最大50.8φ
※デザインによって異なります。
素管全長 最大 5,500mm
デザイン長 最大 210~260mm
※デザインによって異なります。
生産ロット 最小数 1本~

本展示会でお手に取ってご覧下さい。

主な出展製品

せん断面100%プレス加工品

従来の方法だと、どうしてもプレスをした時に、せん断面と破断面ができてしまいます。 ダレ・破断面をなくすには、シェービング加工や切削加工等の工程が必要となります。
弊社の新技術開発により、汎用プレス機による「せん断面100%」を実現しました。
FB(ファインブランキング)加工と比較しても、汎用プレス機はタクトが早く、金型も安価で製作できるメリットがあります。
材質においても、SPCC/SPHC/SAPH/SUSと多彩な材質に対応可能です。
弊社所有のストレート型サーボプレス機との併用により、金型の寿命も大幅に伸びます。

主な出展製品

CFRPの打ち抜きプレス

CFRPの穴あけ加工やブランク加工はウォータージェット、切削加工、レーザー加工等が主流とされてきましたが、当社ではプレスでの加工を可能にしました。
社内開発による金型を用いることによってバリの発生を極限まで抑えております。
本展示会でサンプルを展示しますので、お手にとってご覧下さい。

正栄工業株式会社

住所 〒212-0005
神奈川県川崎市幸区戸手4-1-19
TEL 044-522-1481 FAX 044-522-1484
ホームページ http://www.shoei-kgy.co.jp/

株式会社ジェイアンドシー

住所 〒224-0007
神奈川県横浜市都筑区荏田南4-24-10-3F
TEL 045-482-4311 FAX 045-482-4318
ホームページ http://www.parts-hayai.co.jp/

株式会社関プレス

住所 〒316-0013
茨城県日立市千石町4-3-20
TEL 0294-36-0300 FAX 0294-34-5947
ホームページ http://www.sekipress.jp/
主な出展製品

外周割裂

板からの絞品やパイプ材等の外周を割裂加工技術を用い円周上に割裂ます。重電関係や水周り関係での一体化部品(溶接レス、ネジ止めレス)が可能です。2部品で構成される部品を金属プレスで1部品化が可能となり、工程削減によるコスト低減、また部品精度が上がることによる後工程での工数低減が可能となります。

主な出展製品

内部割裂

板材の1部分に割裂加工を施し、加工硬化による部分強度UPが可能となります。
従来、鍛造や溶接により部分的に板厚を上げて強度を確保していた部品等は、弊社の内部割裂加工を用いることにより、簡単に部分強度を上げられます。銅材で約1.3倍、鉄材で約1.4倍の強度UPとなり、工数の低減、材料費の低減によるコスト低減が可能です。

株式会社先端力学シミュレーション研究所

住所 〒112-0002
東京都文京区小石川5-5-5 ユニゾ茗荷谷5F
TEL 03-6304-1306 FAX 03-6304-1307
ホームページ https://www.astom.co.jp/
主な出展製品

プレス成形シミュレーションソフトウェア ASU/P-form

ASU/P-formは、100社以上のお客様にご利用いただいている純国産ソフトウェアです。設計者が容易に扱えるユーザーインターフェースを持ち、理化学研究所の多年の研究成果による静的陽解法を採用した高精度解析機能と使いやすさを兼ね揃えた、どなたでも親しみやすいCAEツールです。各工程で起こるさまざまな不具合現象を可視化し主要因を導きだすことで、「開発工程の短縮」「コスト削減」「品質向上」を実現します。

主な出展製品

溶接ひずみシミュレーションソフトウェア ASU/WELD

ASU/WELDは、溶接・焼入れ時の熱ひずみによる影響をシミュレーションによって予測し、試作前の課題解決・コスト削減を支援します。さらに、溶け込み不良や、き裂進展の解析機能によって、疲労試験に必要な時間と費用を改善します。

主な出展製品

樹脂射出成形シミュレーションソフトウェア ASU/MOLD

ASU/MOLDは、樹脂射出成形時に発生する充填不足・反り・ヒケといった不良を的確に予測し、試作の前段階で問題を解決します。

株式会社そうぎょう

住所 〒496-0833
愛知県津島市常盤町三丁目1番地5
TEL 0567-22-0190 FAX 0567-22-0192
ホームページ http://www.sogyo.co.jp/

タイメック株式会社

住所 〒719-1164
岡山県総社市西郡197-1
TEL 0866-93-1678 FAX 0866-93-6993
ホームページ http://timec.co.jp/
主な出展製品

オイルパン

板金・プレス加工、レーザ加工を主体とした試作製品を展示しております。製品については専門のスタッフがご説明させていただきます。輸送機器分野や農業機械器具分野、一般産業機器分野など幅広い分野の部品製作に対応しており、独自の技術で問題解決にお役立ちいたします。

太陽工業株式会社

住所 〒392-8585
長野県諏訪市四賀107番地
TEL 0266-58-7000 FAX 0266-58-2601
ホームページ http://www.taiyo-ind.co.jp/

株式会社タイヨーアクリス

住所 〒621-0016
京都府亀岡市大井町南金岐重見46番地
TEL 0771-22-1145 FAX 0771-22-3417
ホームページ http://www.taiyoaquris.co.jp/

株式会社タケダ

住所 〒448-0022
愛知県刈谷市一色町3丁目6番地6
TEL 0566-21-2321 FAX 0566-21-2323
ホームページ http://www.takeda-co.com/

株式会社大喜金属製作所

住所 〒547-0027
大阪府大阪市平野区喜連5-1-54
TEL 06-6709-3038 FAX 06-6707-8280
ホームページ http://www.daiki-metal.com
主な出展製品

株式会社大喜金属製作所

弊社はプレス加工をメインとし、設計から組み立て,完成品までご提案できる会社です。大阪を拠点とし、本社工場、松原工場、中国蘇州工場を独資で 生産しております。又、国内工場と中国工場は同設備を保有しており、製品、納期、価格に応じて生産拠点を選定いたします。

有限会社豊岡製作所

住所 〒131-0041
東京都墨田区八広1-2-7
TEL 03-3613-2231 FAX 03-3613-2250
ホームページ http://toyooka.biz-sumida.com/

株式会社西村技研

住所 〒574-0052
大阪府大東市新田北町6-17
TEL 072-889-1005 FAX 072-889-1006
ホームページ http://www.barrel-n.co.jp/

一般社団法人日本金属プレス工業協会

住所 〒105-0011
東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館212
TEL 03-3433-3730 FAX 03-3433-7505
ホームページ http://www.nikkin.or.jp/

橋本精密工業株式会社

住所 〒319-0206
茨城県笠間市安居3122
TEL 0299-45-7155 FAX 0299-45-7157
ホームページ http://www.hskcoltd.co.jp/
主な出展製品

箔材プレス加工品

箔材板厚t0.02mmを順送金型でプレス加工した製品。

株式会社ハヤシ

住所 〒532-0012
大阪府大阪市淀川区木川東3-6-1
TEL 06-6390-1515 FAX 06-6390-9670
ホームページ http://www.hayashinet.co.jp/

株式会社日立システムズ

住所 〒141-8672
東京都品川区大崎1-2-1大崎フロントタワー
TEL 03-5435-7777 FAX  
ホームページ https://www.hitachi-systems.com/
主な出展製品

株式会社日立システムズ

豊富な導入実績と、さまざまな業種や業務形態でのノウハウが凝縮された金属加工業・自動車部品業向けの生産管理システムになります

ヒルタ工業株式会社

住所 〒710-1201
岡山県総社市久代2211-5
TEL 0866-96-2121 FAX 0866-96-2130
ホームページ http://www.hiruta-kogyo.co.jp/

プレテック株式会社

住所 〒658-0024
兵庫県神戸市灘区魚崎浜町27-8
TEL 078-453-0012 FAX 078-453-0014
ホームページ http://www.pretec.co.jp/

株式会社プロキオン

住所 〒152-0002
東京都目黒区目黒本町3-18-5
TEL 03-5721-6688 FAX 03-5721-3322
ホームページ http://www.procyon.cc/
主な出展製品

インサート光造形

光造形に試作板金をインサートします

インサート光造形のメリット
・金型が必要が無い為インサート型起工の手間が省けます
・納期が短縮できます
→インサート板金を支給いただいた場合は一週間程度
→インサート板金から製作の場合は二週間程度
・インサート型費がかからないので製造コストが安くなります
・250℃までのリフローが可能です
→基板への実装が可能になります(条件によって異なります)

インサート光造形のデメリット
・量産性はありません
→一度のオーダーで10個程度が最適です
・エポキシ系樹脂のみでの加工対応になります
・色の指定ができません
・積層厚0.1mm以下は設備の特性上造形できません

主な出展製品

・微細金属・樹脂切削加工 ・微細金属プレス加工

弊社の強みは何と言っても「提案型の営業」です。

しかし、高性能な加工機を使用して製品を作るだけではコストが上がってしまいます。
担当者がお客様へ直接お話をお伺いし加工方法、製造過程の合理化を提案をする事により納期の短縮、コスト削減につなげていきます。

主に金属と樹脂の切削(医療用内視鏡部品、カメラ用部品、試作治具等)、精密試作板金(コネクタ、プリンタ等)の製作を得意と致しております。
多品種、小量生産も多数実績がございますので一個からでも喜んで対応させていただきます。
これまで製作不可であった試作部品を様々なノウハウを駆使して加工し、お客様にご満足いただけるような高精度のものを短納期で納品することをお約束いたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
高精度微細マシニングセンター、5軸マシニングセンター、複合旋盤(大・中・小に対応)、汎用旋盤、ワイヤーカット、放電加工機等多種多様な加工方法が可能ですので、極小部品から、大きい部品まで幅広く対応致します。
特に医療機器用部品に使用される微細加工を多くご依頼いただいております。
また、かさ歯車やウォームギア等、特殊歯車も製作可能です。
板金加工(曲げ)、プレス加工(絞り・潰し)、パンチ加工(バーリング、ハーフピアス、タッピング)、レーザー加工、溶接加工等多様な加工方法をカバーしています。
最新のファイバーレーザー加工機やレーザーパンチ複合加工機、サーボプレス等もございます。
またパイプ曲げ加工、バネ加工にも対応致します。金属加工同様、高精度微細マシニングセンター、5軸マシニングセンター、複合旋盤(大・中・小に対応)、汎用旋盤、等多種多様な加工方法が可能です。
極小部品から、大きい部品まで幅広く対応致します。
特に医療機器用部品に使用される微細加工を多くご依頼いただいております。

株式会社平安製作所

住所 〒520-1823
滋賀県高島市マキノ町中庄464
TEL 0740-27-2161 FAX 0740-27-1277
ホームページ http://www.heian-mfg.co.jp/
主な出展製品

リングギヤ一体式ドライブプレート

・板鍛造工法により強度必要部は増肉加工し、それ以外は必要最小限の板厚確保の軽量化技術
・リングギヤ一体式ドライブプレート 『第6回 ものづくり日本大賞 優秀賞』 受賞

株式会社ホリコー

住所 〒190-1201
東京都西多摩郡瑞穂町二本木543
TEL 042-556-2221 FAX 042-557-1950
ホームページ http://www.horiko.co.jp/

本田工業株式会社

住所 〒448-0008
愛知県刈谷市今岡町西吹戸7-1
TEL 0566-36-3340 FAX 0566-36-3063
ホームページ http://www.honda-kogyo.co.jp/

株式会社三雲製作所

住所 〒335-0011
埼玉県戸田市下戸田1-15-14
TEL 048-442-1620 FAX 048-443-5520
ホームページ http://www.mikumo.biz/

株式会社三井三池製作所 精密機器事業本部

住所 〒259-1146
神奈川県伊勢原市鈴川49番地
TEL 0463-92-7611 FAX 0463-92-7618
ホームページ http://www.toyofb.co.jp/

ミヤマ精工株式会社

住所 〒472-0021
愛知県知立市逢妻町金山16-1
TEL 0566-83-0232 FAX 0566-83-0236
ホームページ http://www.miyama-grp.co.jp/

柳下技研株式会社

住所 〒351-0111
埼玉県和光市下新倉3-22-60
TEL 048-466-8372 FAX 048-466-8374
ホームページ http://yagishitagiken.sub.jp/
主な出展製品

ELID(エリッド)研削法による金型磨きの自動化

ELID研削法は、理化学研究所(理研)で開発された我が国独自の超精密加工技術で、導電性結合の砥石表面を電解することによって砥粒突出を得るドレッシング作業を常時、または一定のインターバルによって行うことで研削し、研削性能の安定性と、それに伴う高能率化、ならびに微粒砥石使用による鏡面仕上げを可能にしました。
ELID研削法は、固定砥粒による研削加工のみでナノレベル(表面粗さはRaで1桁台)の鏡面加工を実現するため、手作業による磨き工程を省いたり、磨き作業を軽減したりできます。
ELID研削は、金型材料のダイス鋼、ハイス鋼、ステンレス鋼、超硬合金、ダイヤモンドのほか、電子材料・磁性材料・光学材料・セラミックスなどいろいろな材料に使うことができます。
ELID研削の導入方法は、お客様保有の各種研削盤等に、ELIDユニット(ELID研削専用の(1)砥石、(2)電極・給電体、(3)電源装置、(4)研削液、(5)ツルーイング装置、など)を後付けで搭載することによって使用でき、通常の機械でも鏡面加工ができるようになります。
ELIDユニットは、平面研削盤、円筒研削盤、ロータリー研削盤、センタレス研削盤、冶具研削盤、マシングセンタ等、大半の機械に搭載可能です。
当社は、ELIDユニットの販売とELIDユニットをお客様の機械に搭載するELID搭載アップグレート(UG)サービスを受託しています。
 ELID導入のメリットは下記のとおりです。
(1) 職人技である磨きを自動化
職人技の手作業による磨きでしかできなかった鏡面を機械による研削で実現
(2) ダレの無い完璧な磨きを実現
ELID専用砥石の使用により、形状に忠実な稜線を出すこと、また段差のない平面性を実現
(3) 金型の長寿命化を実現
ELID技術による高精度な磨きにより、チッピングやマイクロクラックなどの発生を抑制でき、製品ライフサイクル向上により金型1個あたりが生み出す利益が増加
(4) 鏡面加工と高効率加工の両方を実現
微粒砥石使用による鏡面加工だけでなく、難削材料を相当除去する場合には、粗加工の段階から低番手砥石使用により高能率加工も実現
(5) 磨きのための外注費用をカット
磨き専門の職人に頼る必要がなく、磨き工程にかけていた外注費用や人件費のカットを実現
※ELID研削の動画や加工サンプルを展示しておりますので、是非お立ち寄りください。

主な出展製品

金型磨き加工の無人化ツール「機上ポリッシングツール」

金型磨き加工の無人化ツール「機上ポリッシングツール」(2013年“超”モノづくり部品大賞『機械部品賞』受賞)は、「マシニングセンタなどのNC工作機械」の主軸先端部のコレットに装着して、「機上ポリッシングツール」の先端部に取り付けた「ハイブリッドラビン」(弾性のあるラバーボンドダイヤモンド砥石)を被加工面に一定圧力で押し付けながら主軸の回転運動により磨き加工を行います。
ダンパー機能を有する「機上ポリッシングツール」は、弾性体の柔らかみのある「ハイブリッドラビン」との融合により、切削加工などの前加工面の形状に砥石端面が倣い、平面、三次元形状の自由曲面、立壁等の前加工目を除去して、鏡面磨きまでを実現しました。
「本製品」の導入効果は、下記のとおりです。
・手磨きによって生じるような金型表面の面粗度のバラツキがなくなり、品質が安定します。
・加工条件の数値化ができて標準化が図れ、技能伝承が可能になります。
・夜間自動運転が可能で、工期短縮が図れます。
・磨きに係る外注手配や職人の育成や技能向上から開放され、コスト削減が図れます。
※機上ポリッシングツールの実機および加工サンプルを展示しておりますので、是非お立ち寄りください。
※ELID研削法と機上ポリッシングツールの違い:砥粒の細かな砥石での研削加工は磨き加工との区別が難しいのですが、形状を変えることを目的とした加工には「ELID研削」を、形状を変えずに面粗さのみを良くすることを目的とした加工には「機上ポリッシングツール」を提案しています。

株式会社山岡製作所

住所 〒610-0101
京都府城陽市平川横道93
TEL 0774-55-8500 FAX 0774-53-7873
ホームページ http://www.yamaoka.co.jp/
主な出展製品

超硬パズル

パズル側面を研削(ジグ研削盤)で仕上げております。
嵌め合いを極限まで追求し、クリアランス1μmを実現しました。
材質:超硬材(G5)

主な出展製品

ウェーブパンチ

プロファイル研削盤を使用した薄肉加工。
肉厚100μmのカキアゲ形状。
材質:超硬材(G5)
刃長:10mm
肉厚:0.01mm

主な出展製品

卓上サーボプレス機 ( 0.3t / SLP300 )

当社カタログプレス機を使用した金型搭載システムの一例です
ボールネジ機構であり、高精度なプレス加工を実現
ご要望に応じた自動機のご提案が可能です

インターモールドテクニカルセミナー

    現在、募集中のインターモールドテクニカルセミナーはありません。

海外産業視察団

現在、募集中の海外産業視察団はありません。

出展者募集中

  • formnext Nov. 13 - 16, 2018

インターモールド・グローバル・ネットワーク

~インターモールド・グローバル・ネットワークの活用~

インターモールド振興会では、日本以外で開催される、金型加工、設計製造、自動車製造部品、プラスチック成型、金属プレス加工などの関連業界展示会に出展を予定、検討している方へ出展サポートと情報提供を行っています。
日本と同じく高い技術を持つドイツをはじめとするヨーロッパ、技術躍進が著しいアジア各国、自動車産業が盛んなロシア、トルコや南米などへ出展し、販路を拡大しませんか。

下記に案内するアライアンス展示会以外にもご興味のある展示会がありましたら、ぜひお問い合わせください。
インターモールド振興会がご出展を成功させるためにお手伝いいたします。
また、展示会視察と合わせた現地企業・産業視察団を派遣しています。

海外産業視察団ページ

  • arabiamold Dec. 11 - 14, 2017 Sharjah, UAE
  • asiamold Mar. 4 - 6, 2018 Guangzhou,China
  • rosmould May 15 - 17, 2018 Moscow,Russia
  • WIN EURASIA Metal Working  Mar. 15 - 18, 2018 Istanbul, Turkey
  • METALTECH May 23 - 26, 2018 Kuala Lumpur, Malaysia
  • The18th DIE&MOULD CHINA Jun. 5 - 9, 2018 Shanghai, China
  • InterMold Thailand Jun. 20 - 23, 2018 Bangkok, Thailand
  • Metalform Chine Sep. 18 - 21, 2018 Dongguan, China
  • AMB Sep.18 - 22, 2018 Stuttgart Germany
  • formnext Nov. 13 - 16, 2018 Frankfurt, Germany
  • Mould Eurasia Nov. 29 - Dec. 2, 2018 Bursa, Turkey
  • INTERMOLD KOREA  March, 2019 Seoul, Korea
  • Moulding Expo May 21-24, 2019 Stuttgart, Germany