展示情報

出展者検索

出展者詳細

出展者名 KALLER
英文社名 KALLER
小間番号 3-411
住所

〒373-0038

群馬県

太田市城西町20-5

Address

20-5,Jyosai cho, Ota City, Gunma,373-0038

ホームページURL www.kaller.com
メールアドレス hideo.yoshino@kaller.com
電話番号 090-3505-2730
FAX番号 0276-32-3106
Telephone +81-90-3505-2730
Facsimile +81-276-32-3106
PR文 KALLERは、スウェーデンに本社を置く、世界最大のガススプリング専門メーカーです。我々は常に安全に留意し、その安全性は世界各国のユーザーに認められています。ブース内において、各製品の安全性をご紹介しておりますので、是非弊社ブースにお立ち寄りの上、ご確認ください。
代表的な出展製品 KALLER ガススプリング、コントローラブルガススプリング、フレックスカム

出展製品[1] KALLERコントローラブルガススプリング、KF2シリーズ
出展製品詳細[1] 通常のガススプリングにはない、下死点でロックする機能が搭載されているガススプリングです。ロックと解除の制御は、プレスのエア信号にて行う事が出来ます。1.5トンから7.5トンまでの4種類、ストロークは10~160mmの間で1mm単位で設定出来ます。製品の損壊防止、パネル品質の向上、工程短縮等、様々な用途でご使用いただけます。デモ機を展示しておりますので、是非ご覧になって一連の動きをご確認ください。

出展製品[2] KALLER ガススプリング CXシリーズ
出展製品詳細[2] KALLERガススプリングのシリーズの中で最もコンパクトでなおかつ高荷重の出せるタイプです。シリンダー径はΦ32、Φ38、Φ50の3種類で、ストロークは最大で80mmまであります。最大SPMは200まで対応可能です。主に順送型に使用されています。

出展製品[3] KALLER ガススプリング TXシリーズ
出展製品詳細[3] 弊社シリーズの中で、最も大きな荷重、なおかつ長ストロークで使用できるタイプです。初期荷重20トンまで、ストロークは300mmまで可能です。また、弊社独自の"フレックスガイド”を採用しており、多少の偏心荷重にも対応可能です。

出展製品[4] KALLER フレックスカム
出展製品詳細[4] 油圧式のカムユニットです。通常の機械式カムユニットでは設置が困難な箇所にも
フレキシブルに対応可能です。安全機構として窒素ガスを充填したアキュムレーターが備わっているため、万が一カム自身がブロックされてしまっても、稼動用のオイルはアキュムレーターに流れる構造となっており、ホース破裂やカム破損の危険を回避できます。1.5トン~15トンまで5種類のユニットがございます。最大ストロークは150mmまで可能です。

出展製品[5] KALLER モールドテンプガススプリング MTシリーズ
出展製品詳細[5] 弊社標準のガススプリングは、最高使用温度が80℃となっておりますが、このMTシリーズは、最高で120℃まで使用することが可能です。インジェクションの金型で、標準タイプでは温度上昇が気になるような箇所にご使用いただけます。

出展製品[6] KALLER ヘビーデューティー保護カバー HDPシリーズ
出展製品詳細[6] KALLERガススプリング専用のピストンロッド保護カバーです。近年、ガススプリングは、ホットスタンピングでも積極的に使用されておりますが、通常のプレス金型よりも、厳しい環境となっており、ガススプリングの寿命も短くなってしまいます。この保護カバーをご使用いただくことにより、ガススプリングの寿命を2倍に延ばすことが可能です。
最初のステップとして、φ95、φ120、φ150、ストローク250mmまでを開発致しました。ご好評の場合はそれ以外のサイズも検討させていただきます。

出展製品[7] KALLER 低全長ガススプリング TLシリーズ
出展製品詳細[7] 弊社ベーシックタイプ(TU)と比較しますと、全長が25~50mm短くなっているタイプです(型式によって異なります)。初期荷重は7,500N~75,000N、ストロークは最大で250mmまであります。TUタイプでは、シャットハイト的に収まらない場合に有効です。

出展製品[8] KALLER ガススプリング XGシリーズ
出展製品詳細[8] パワフルで全長の短いタイプのガススプリングです。現在の主流となっております。
初期荷重1,700N~95,000N、最大ストロークは125mmです。日本の各自動車メーカーの標準として採用されております。

出展カテゴリ

A. 金型・金型材・金型部品等

金型部品

インターモールドテクニカルセミナー

海外産業視察団

現在、募集中の海外産業視察団はありません。

出展者募集中

  • formnext Nov. 13 - 16, 2018

インターモールド・グローバル・ネットワーク

~インターモールド・グローバル・ネットワークの活用~

インターモールド振興会では、日本以外で開催される、金型加工、設計製造、自動車製造部品、プラスチック成型、金属プレス加工などの関連業界展示会に出展を予定、検討している方へ出展サポートと情報提供を行っています。
日本と同じく高い技術を持つドイツをはじめとするヨーロッパ、技術躍進が著しいアジア各国、自動車産業が盛んなロシア、トルコや南米などへ出展し、販路を拡大しませんか。

下記に案内するアライアンス展示会以外にもご興味のある展示会がありましたら、ぜひお問い合わせください。
インターモールド振興会がご出展を成功させるためにお手伝いいたします。
また、展示会視察と合わせた現地企業・産業視察団を派遣しています。

海外産業視察団ページ

  • rosmould May 15 - 17, 2018 Moscow,Russia
  • METALTECH May 23 - 26, 2018 Kuala Lumpur, Malaysia
  • The18th DIE&MOULD CHINA Jun. 5 - 9, 2018 Shanghai, China
  • InterMold Thailand Jun. 20 - 23, 2018 Bangkok, Thailand
  • Metalform Chine Sep. 18 - 21, 2018 Dongguan, China
  • AMB Sep.18 - 22, 2018 Stuttgart Germany
  • formnext Nov. 13 - 16, 2018 Frankfurt, Germany
  • Mould Eurasia Nov. 29 - Dec. 2, 2018 Bursa, Turkey
  • asiamold Mar. 10 - 12, 2019 Guangzou, China
  • INTERMOLD KOREA  Mar. 12-16, 2019 Seoul, Korea
  • WIN EURASIA Metal Working  Mar. 14 - 17, 2019 Istanbul, Turkey
  • Moulding Expo May 21-24, 2019 Stuttgart, Germany